ENVIRONMENT ENERGY 環境・エネルギー

一般的なオフィスビルでは、エネルギーの約8割が空調、照明、コンセントで消費されており、設備が大きな割合を担っています。これらの設備を高効率なものに更改できれば、エネルギー消費が大きく削減され、それにより二酸化炭素も減ることから、地球温暖化防止にも貢献できます。

また、エネルギーを減らすだけでなく、生み出すことも重要です。その代表が太陽光発電で、日本全国に多数設置されています。さらに風力発電、バイオマス発電など、従来の発電システムとはまったく異なる、環境負荷の少ない施策が進められています。

私たち日設では、建物の新築や改修に際し、エネルギー消費が最適となるような設備設計・施工を行っています。特に空調機器などについては技術革新が早く、省エネの貢献度合いが大きいことから、エコリノベーションを進めています。また、太陽光発電工事、さらにはアグリビジネス工事にも参画しており、幅広い分野で活躍しています。

最適設計・施工
環境負荷を減らすにはトータルでの取組みが大切です。新築時には用途や将来性を、改修時には使用実態を踏まえ、シミュレーション等に基づいた最適設計を行っています。
また、施工時には、再利用による廃棄物削減や環境負荷の少ない素材の採用等を進めています。
エコリノベーション
社会の成熟により建物ストックが増え、リノベーションのニーズが高まっています。
お客様の要望を踏まえつつ、既存設備の診断を行い、省エネ性能を上げながら、投資効果も大きくなるような、エコリノベーションを提案しています。
太陽光発電
エネルギーを生み出す技術は日々進化していますが、最も普及しているのが太陽光発電です。
建築設備工事で培ったノウハウを基に、太陽光発電システムの工事も実施しています。今後はバイオマス発電等にも参画する予定です。
アグリビジネス
世界的な視点で見れば、人口増に伴う食糧問題は大きな課題です。その中で、新たなアグリビジネスが注目されています。
技術的な手法が確立されたとは言えない中、アグリビジネスの将来性に賭け、この分野に参画しています。
Page Top