稲村若菜

Wakana Inamura
第二工事部(空調衛生工事担当)
社歴:7年

業務内容を教えてください。

業務内容は、空調工事や衛生工事の現場監督を務めています。

今までで一番やりがいを感じたことを教えてください。

自分の力で一つ、二つ、三つと仕事をこなしていくことです。
自分の発言や判断で物事が進行していき、最終的にそれが形となり、それを評価してもらえるということに、すごくやりがいを感じています。

職場の印象を教えてください。

非常に働きやすいという印象ですね。
やはり会社というと、上司がいて部下がいてという組織的な上下関係を重んじた雰囲気を一般的には想像される方が多いかと思いますが、弊社はとてもアットホームな雰囲気です。会社に来ると、「おはようございます」というよりは「ただいま」という言葉がしっくりくるような、いつでも「帰ってこられる場所」という印象があります。

この業界を選んだ理由を教えてください。

私はだれかの指示に従って動くよりも、自分の考えで仕事を進めていくことの方が得意なので、現場代理人という業務をやらせて頂いています。
そもそも業界を選んだきっかけとしては、設計志望だった私は、今まで設計という形で外面上(見た目)をつくる仕事を志望していたのですが、自分が生活していく中で、こういうものがあれば、もっと便利なのにという発見や気づきがあり、外側だけでなく、内側からこの建物は素晴らしいと思えるようなものを作りたいと思い、建物を内側から変えていく設備の仕事に興味を惹かれ、足を踏み入れました。

今までの仕事の中で一番辛かった経験を教えてください。

それは先が見えなかったときですかね。
1年目、2年目のときに、上司からの指示をがむしゃらにこなしていた時期があり、自分の中で、私の与えられた仕事はどこまでやればいいのか、終わりも見えないまま、進めていた時期があって、その時期はとてもつらかったです。

今まで上司や先輩から言われて一番嬉しかったことを教えてください。

私がいままで言われて一番うれしかったことは、「言うことは何もない」です。
仕事には必ず責任があり、仕事をお願いされている相手に信頼されていると思っているので、信頼していただいて、仕事を依頼された相手に、あなたの価値観と行動力でやってきたなら、こちらから言うことは何もないです、という意味で言われるのが一番うれしいですね。

現在と未来の後輩に向けてメッセージをください。

私が就職活動をしてみて強く感じたことが、「やりたいこと」と「できること」は違うということです。
「やりたいこと」はみんな漠然としたイメージとしてあると思います。
しかし「できること」というのは実際入社して社会の一部となり働いてみないと、具体的に自分にはなにができるのかというのはイメージしにくいと思います。
入社してみて、自分の「やりたいこと」ではなかったと思うことがあったり、「やりたいこと」をやってみたができなかった、ということもあるかもしれませんが、大切なのは、やりたいことをやろうとする気持ちが大事です。自分にやりたいことをこなす能力があってもなくても、やりたいことがあるならまずやってみる、という気持ちで、私どもの会社も選んでいただければ、必ず自分に力が付いて、楽しい仕事ができると思います。
不安な方もいると思いますが、弊社に「やりたい」という魅力を感じていただけたら、ぜひ入社していただきたいなと思います。

Page Top